ウイズ理事長
知子さんのお部屋

障害者差別解消法が始まりました 

4月1日から障害者差別解消法が施行されました。

「この法律は、障害のある人もない人も互いにその人らしさを認めながら、共に生きる社会をつくることを目指しています。」と厚労省のHPにはあります。

しかし、今まで障害があるということだけで差別されてきたことは沢山あります。「お店に入ろうとしたら車椅子だからと断られた」「グループホーム建設反対と言われた」「本人を無視して介助者や支援者の人だけに話しかけた(結構ありそうなこと)」等々「不当な差別的取扱い」はきりがありません。

又「合理的配慮」と言って障害のある人が困っている時にその人の障害に合った必要な工夫や、やり方をやってもらうことをやらないと差別になります。例えば知的障害の方にはわかりやすく説明をする、段差がある場合はスロープを使って補助する、などです。

この法律は障害のある人のためだけのものではありません。市民として当たり前のこととして知って理解することが大切です。だって駅のエレベーターは障害のある人だけのものではなく、ベビーカーの親子連れや高齢者も利用していますものね。障害のある人もない人も双方にとって得することです。

色々な人がごちゃごちゃいるのが当たり前の社会になるために私たちの価値観を変えていくことが求められています。

ページの
トップへ