ウイズ理事長
知子さんのお部屋

ドリアン助川さんのコンサートに行きました。

2月4日に、茨城県東海村で行われたドリアン助川さんの「命たちよ 生きていこう」に娘と行ってきました。ドリアンさんは映画や小説になった「あん」の作者として有名ですが、「アルルカン」というバンドもやっています。主催は、小説や映画「あん」の英語版翻訳者アリスン・ワッツさんです。アリスンさんは東海村在住です。
昨日は「クロコダイルの恋」と「新・奥の細道」の2部構成でした。
「新・奥の細道」は、福島第一原発の事故から1年後、ドリアンさんが放射線量計を携え、自転車で「奥の細道」を踏破した際のドキュメントです。あの頃、北関東・東北・新潟はどういう状態に陥っていたのか、線量の実数を語りに織り交ぜながら、背景には、各地の写真が投影されていました。
ドリアンさんの朗々と響く歌声、心に沁みる語りは素晴らしく、シャンソンを聴いているようでした。
6年経った今も8万人の方が避難している東京電力の事故のことを私たちは忘れてはならないことを改めて感じたコンサートでした。私も6年前は、八王子で行われている「金八デモ」によく参加していましたが最近遠のいてしまっています。もっと色々なこ所で積極的に原発反対の意思表示をしていかなければと思いました。

ページの
トップへ