ウイズ理事長
知子さんのお部屋

「クレヨンハウス朝の教室」に行きました。

玄関のもう一つのプランターに赤いチューリップが咲きました。白いチューリップに遅れる事1週間、先がとがった花びらが素敵です。

4月22日に、「クレヨンハウス朝の教室」に行きました。
今回は、TBS日曜日の「サンデーモーニング」にコメンテーターとして出演している谷口真由美さんが「おばちゃんが政治を変える」と題してお話をしてくださいました。
谷口さんは大阪国際大学准教授で専門分野は国際人権法、ジェンダー法、日本国憲法。谷口さんは「オッサン政治にもの申す」と立ち上がった「全日本おばちゃん党」の代表代行を務めています。いまこそ権力の暴走を止めるべき「おばちゃんの力とは?」、おばちゃんたちの底上げと、オッサン社会に愛とツッコミを入れる等、難しい話を、やさしくわかりやすくユーモアを交えて話してくださいました。
お話の最初に、人権には、ざっくりいうと、自由権的人権と社会権的人権があり、自由権的人権は、制度や権力から遠いところにあるもの、社会権的人権は国家が関与しなければならない人権があるとお話しされました。
「共謀罪」なるものが国会で審議されている今こそ、私たちおばちゃんも色々なことを知って「参画する(意思決定的な場にいる)」ために、私も憲法について再度学んでも見ようと思い、谷口さんの著書「日本国憲法 大阪おばちゃん語訳」を買いました。

ページの
トップへ