ウイズ理事長
知子さんのお部屋

世田谷時代からの親友に会いました

毎日猛暑が続いていますね。まだ梅雨明けしていないとなると、この暑さが1か月以上続くのかしら・・・想像するだけでうんざりですね。夏は嫌いです・・なぁんて言っておきながら、冬になると寒いのは嫌いと、贅沢を言う私です

先日、私たち家族が、世田谷にいた時からのお友達に会いました。彼女とは偶然同じ年で、彼女が7月生まれなので毎年7月にお会いすることにしています。我が家は世田谷には、13年ほどいましたが、彼女とは、育児を通してママ友として知り合いました。長女が公園デビューした時からの仲良しです。暮らしのスタイルがすごくシャレていてクロワッサンや暮らしの手帳に出てきそうな素敵な方です。子育てしながら、毎日彼女の家に入りびたり、ケーキを作ったり当時流行っていたマクラメや籐の籠つくりなど、今考えると時間がたっぷりあった時だったのでしょうね。スペアリブなんて、当時作ったこともなかった私ですが、彼女の作るスペアリブは、お肉が柔らかくてものすごく美味しいのです。スペアリブにクレッソンを添えて盛り付けてくれた時は大感激しました。
我が家は、次女が3歳で神経芽細胞種という小児がんになりましたがその時も全面的に支えてくださったのが彼女です。私が次女の病院に行くために、長女を預かってくれたり、病院にも来てくれたりと、彼女がいなかったら、我が家はどうにもならなかったでしょう、我が家の娘2人を我が子のように可愛がってくれました。
彼女といると、肩ひじ張らず、私が私のままでいられます。私の辛い時を知っているだけに、いつもそっと見守ってくれている感じです。
又来年お会いできるまで、お互い元気でいなくちゃね。

ページの
トップへ