ウイズ理事長
知子さんのお部屋

最近読んだ本

桜がそろそろ満開になり空がピンクに染まってきましたね。

新型コロナウィルスは中々収束しません。いつ収まるかわからないため、不安定になる利用者さんもいらっしゃいます。

早く、思い切り空気を吸ってお散歩したいですね。

 

「<生物多様性>入門」という岩波ブックレットの本を読みました。

本の「はじめに」の中に、【「生物多様性」とは「生物種の多様性」「同じ種のなかでの個性の多様性」「生態系の多様性」を含む、生命にあらわれているあらゆる多様性のことです。(中略)

現代の日々のくらしのなかでは、ある生物が滅んだとしても私たちの生活に何らかの影響がおよぶとは思えないかもしれません。しかし衣食住はもとより、私たちの心豊かなくらしは、それを支えてくれる「豊かな自然」なしには成り立ちません。人為的気候変動(地球温暖化)と生物多様性の危機は、とりわけ憂慮すべき問題ですが、解決からはほど遠い状況にあります。私たち人類を含む生命にとって危険な方向への変化をおしとどめるためには、ひとりひとりがこの問題に関心をもち理解を深めることが必要です。】とあります。

きれいな水と空気、美しい風景、美味しい食べ物など私たちのくらしは、自然の恵みに支えられています。

とても考えさせられる一冊です。

ページの
トップへ