ウイズ理事長
知子さんのお部屋

利用者様を偲ぶ会

9月に急逝された利用者様の偲ぶ会が行われ、ウイズからはサービス提供責任者やヘルパー、そして私も出席しました。

身体障害者のOさんは、10年以上ウイズヘルパーステーションを利用されていました。

正義感が強く、まっすぐな方で、ヘルパーにもその都度、必要に応じて的確な指示をされていました。元調理人で手先が器用なので、ヘルパーはもつ煮や餃子の作り方を教えて頂いたようですが、Oさんのようには美味しくできなかったようです。

Oさんの人懐こく優しいお人柄から、昔の友人の方々も沢山参加され、お元気な頃の楽しい思い出を聞かせて頂き、皆さんでOさんを偲びました。

ページの
トップへ