ウイズ理事長
知子さんのお部屋

思うこと


5月28日にクレヨンハウスで行われた「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」第1回目に参加しました。これから継続的に勉強会が開催されます。出来る限り参加しようと思っています。そこで、ウイズがいわきに物資を送っている木村眼科クリニックの佐藤恵子さんにお会いする事ができました。一番会いたかった方なので、久しぶりの再会をお互い喜びました。「こういうのがあるよ」と連絡したら、すぐに実行する恵子さんの行動力に脱帽です。木村眼科クリニックのブログ「縁」で恵子さんが書いているように【「がんばっぺ!福島」の復興、「打倒風評被害」の中に感じる「ある一定の空気の封じ込め」に息苦しさを感じて「知らなかったこと、知らされなかったこと、知ろうとしなかったこと」を求めて参加しました。】とありました。息苦しさ・・・分かる気がします。
第1回目の講義はNPO市民科学研究室の上田昌文さんが、「原子力と原発のきほんのき」と題して科学者の視点からデータを用いて分かりやすくお話してくださいました。知れば知るほど原発は必要ないと思わずにはいられませんでした。

ページの
トップへ