ウイズ理事長
知子さんのお部屋

クレヨンハウス朝の教室と香山リカさんの講演

3月31日の午前中に、久しぶりにクレヨンハウス朝の教室に参加しました。今回は映画「小さいおうち」でも有名な作家の中島京子さんでした。中島さんは「先が見えない時代で怖い。森友問題は公文書改ざんがあり民主主義を破壊することではあるが、更に、教育勅語を園児に暗唱させている幼稚園がありそれが今の現政権に結びついていることの怖さがある」と指摘されていました。
又中島さんは憲法24条の中の「個人の尊厳」の大切さについてもお話してくださいました。
落合恵子さんからは、「劇場型ではなく自分たちが自ら主体的に動いて声をあげ社会を変えていかなければならない」とお話していました。

午後は「香山リカさんが語るわたしと憲法」に参加しました。香山さんは現政権を「排外主義・歴史修正主義・反知性主義」と批判しました。同感!

ホントに何を信じていいのかわからなくなるほど国民を無視した現政権に怒りを感じます。
でも「あきらめることをあきらめよう」で、声を出していくしかないでしょう。

ページの
トップへ