ウイズ理事長
知子さんのお部屋

「八王子の反原発デモに参加して」


官邸前で毎週続くデモに呼応した反原発デモが、9月14日の夕方に八王子であることを新聞で知り私も参加しました。これは、八王子で食品に含まれる放射能を測定している市民測定室「ハカルワカル広場」の有志が呼びかけたものです。私も、官邸前に行くには仕事が終わってからでは時間もなく、中々参加できなかったのでいい機会だと思い参加しました。
6時過ぎに南口の子安公園に行くと、すでに若いサラリーマン姿のグループがうちわに「脱原発」と書いたものを持っていたり、子連れの若いお母さんがいたり100人以上は集まっていました。知り合いの市議会議員さんもいらっしゃいました。
頂いたチラシには「原発のない世の中を作りたい、放射能汚染のない世界にしたい、私たちの地元でも声を上げていきましょう」とあり、「大声張はりあげながら、黙って静かに、おしゃべりしながら、子供と散歩気分で・・・。とにかく楽しく歩きます」とありました。
6時半頃、警察官の誘導でデモ開始。「原発やめろ」「命を守れ」「再稼働反対」「子供を守れ」などを言いながら、ゆっくり1時間かけてデモしました。
今までは、デモをするのは、特別な人たちと思われていましたが、普通の市民が自分たちの意見を言う機会に参加するというような誰もが参加しやすい市民感覚のデモでした。
私も、これからも出来る限り参加していきたいと思っています。

ハカルワカル広場のパンフレットより
ハワルワカル広場ってなあに?
八王子市民放射能測定室「ハカルワカル広場」は2011年3月の東京電力福島第一原発事故を受け、子どもたちを内部・外部被ばくから守るために、市民の手で設立した測定室です。放射能は測ってみなければその危険性はわかりません。私たちは測ることからはじめ、事実を知ることによって、子どもたちに手渡せる未来を作りたい。いっしょに測り学び語り合いませんか?

ページの
トップへ