ウイズ理事長
知子さんのお部屋

映画「最強のふたり」を見て


映画「最強のふたり」を主人と見てきました。
事故で首から下が麻痺した大富豪(フィリップ)と、スラム街出身で無職の黒人の青年(ドリス)との実話に基づいた物語で、最後のシーンでご本人たちがちょっと登場なさいます。
何もかもが正反対といえるような二人ですが、フィリップの介護者選びに、ドリスが採用され相容れない二人が少しずつお互いを受け入れ始め、二人の毎日はワクワクする冒険に変わり。ユーモアに富んだ友情が生まれていく・・・というストーリー。
フィリップがドリスの経歴に前科がある事を知るが「彼は私に同情していない。そこがいい。彼の素性や過去は今の私にはどうでもいいことなのだ」と。
お互いが障害や貧富の差を超えて、一人の人として真正面から向き合い友情を育むことが描かれていてなかなか素敵な映画でした。

ページの
トップへ