ウイズ理事長
知子さんのお部屋

「知的障害者支援ボランティア養成講座」終わる!


先日の「知子さんの部屋」でも書きましたが、10月12日から始まりました昭島市社会福祉協議会のボランティアセンターが主催する「知的障害者支援ボランティア養成講座」が、11月22日で、無事終了しました。
始まったのは10月初めでしたが、気が付けば冬がすぐそこに来ている季節になりました。
受講生の方々にとっては、1か月半にわたって毎週出席をするのも大変と思いましたが、休むこともなく、みなさん熱心に受講して下さいました。
11月22日の最後の日は、7回の講座と体験学習を終えて感じたことなどをグループで話し合いました。
「知的障害者・自閉症についていっぱい知ることができた」「これからもっとかかわっていきたい(多数の意見)」「体験して、思っていたより皆さんできることが沢山ある事が分かった」「仕事として甘えることなく責任もってやっていることがすごいと思った」「ファミリーサポートで障害のあるお子さんを預かっているが、支援の仕方など大変役に立った」
等々・・・。
私は、地域にサポーターを増やすことが私たちの役割と思っていますので「もっと関わりたいと思った」というみなさんの感想を聞いて「本当にやって良かった」と思いました。
まだまだ障害のある方が地域で生活するには、様々なバリアがあります。また来年開催できるといいですね。

ページの
トップへ