ウイズ理事長
知子さんのお部屋

アルの死


我が家の愛犬ヨークシャーテリアのアルが、10月26日の夜亡くなりました。14歳でした。
アルは、この「知子さんの部屋」の第1回目に登場しましたので写真をご覧になった方もいらしたかもしれません。今年の春にも散歩から帰ってきたアルをこのページに載せました。
10月25日の朝5時に私が起きると、アルも嬉しそうにイソイソとしっぽをふってドームから起きてきて私が台所に立ち、茹でたキャベツやおやつのボーロをもらったり、撫でてもらったりとアルのいつもの日常でした。が、その後すぐに突然倒れて意識がなくなり次の日の夜に亡くなりました。
私たちはアルも家族の一員としてアルとともに過ごした14年間でした。大好きな大好きな私の友達でした。毎日抱いて撫でていたいアルでした。
まだ、朝起きると、アルがドームから起きてくるようでいないのが変です。
寂しい毎日でメソメソしていますが、今頃、天国で大の仲良しだった母と一緒にいると思います。

ページの
トップへ