ウイズ理事長
知子さんのお部屋

クレヨンハウス「夏の学校」に参加しました

8月1日~3日、毎年恒例のクレヨンハウス主催の「夏の学校」に参加しました。
パンフレットには「子供たちに未来をつなぐ」として「一人一人のわたしたちが、何を考え、どう行動していくかがより問われる時代を迎えています。」とあります。
 
今年は大江健三郎さんがお話をしてくださいました。大江さんは「人生の習慣」と題して、今の憲法があることが日本人の上等な習慣になっている。第2次世界大戦後、戦争をしないでいられたのは憲法があるから」と丁寧にお話してくださいました。
又、先日私もクレヨンハウスで掲げた「アベ政治を許さない」の文字を書いた俳人の金子兜太さんは、ご自身が経験した生々しい戦争体験から、現在の死生観までお話をしてくださいました。
落合恵子さんは、「戦争に向かって突っ走る政権に対して良心的な不服従をしていきたい。抗うために、ためらいはいらない」と。
絵本作家の長谷川義史さんはご自身が作曲なさった「幼稚園ブルース」の曲で「戦争はいやや!」と訴えました。
心と感性を研ぎ澄まし色々なことを考えた3日間でした。

ページの
トップへ