ウイズ理事長
知子さんのお部屋

瀬戸内寂聴さんの「場所」展に行きました。

八王子の「まちなか休憩所八王子宿」で開催されている『寂聴の「場所」展』に行きました。

副題には「晴美から寂聴への軌跡を十四の「場所」の記憶とともにたどる」とあります。

寂聴さんが生きた軌跡が写真と共に展示されていました。

私は、先日「夏の終わり」を読みました。苦しみながら一途に独自の愛を生きていく女性、この物語は、寂聴さんの私小説と言われています。なんとヒロインの名は「知子」。

そして、今は「寂聴 九十七歳の遺言」を読んでいます。第一章には「生きることは愛すること 愛することは許すこと」とあります。素敵な本です。

命の限り、愛に生きた人生。美輪明宏さん曰く「烈女」だと・・・。

ページの
トップへ