ウイズについて

理事長よりご挨拶

皆様こんにちは、理事長の高橋知子です。
日頃よりご支援ご協力ありがとうございます。
ウイズは、平成6年に社会福祉士・介護福祉士を中心として市民が地域で安心して生活していくために必要なサービス(ヘルパー事業・相談事業・障害者の余暇活動等)を提供するグループとして創設し、今年23年目を迎えました。設立当初数名だった従業員は今ではウイズ独自のサービスに加え、公的なサービスの担い手となり、従業員数も非常勤の従業員を含み60名以上が働いている大所帯になりました。
この間、社会情勢はめまぐるしく変化し、高齢者は介護保険法が施行され、障害者の制度も介護保険を後追いするように公的なサービスが出来てきました。しかしここへきて、財政難の名のもと、国の動きは、公的なサービスが大きく削減され、「自己責任」のもと、「自助・互助」が優先され効果的・効率的に提供することが重要と位置付けられています。
しかし、どんなに制度が変わろうと人の生活は途切れなく続いております。制度に人の生活を合わせるのではなく、ご利用する方の生活のしづらさを解決するために、どうしていったらいいか、ウイズは今後も利用する方の立場に寄り添い、ていねいなサービスを提供していきたいと思っています。
ウイズは、20年が過ぎ、組織の改革、次世代への引き継ぎなど、大きなターニングポイントにきています。そのためには理事・事務局・ヘルパー・ボランティアが一体となって理念を確認し、それぞれの役割を明確にして積極的に法人を支えていく必要性を自覚して活動していかなければなりません。
今後も、誰もが地域で当たり前に暮らせる社会の実現を目指し「利用者主体」「人権尊重」を基本とし、「ていねいであたたかく安心できるサービス」の提供を続けてまいります。
今後ともご支援、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

ウイズの理念

特定非営利活動法人在宅福祉サービスウイズは、誰もが当たり前に暮らせる社会の実現をめざし、支援を必要としている方々を地域で支えるために、「利用者主体」の理念を実践し、「ていねいであたたかく安心できるサービス」を提供いたします。

ウイズのあゆみ

平成6年12月
社会福祉の専門職を中心として、昭島市に在宅福祉サービスを提供するグループとして創設される。以来、市民が地域で安心して生活していくために必要な相談、介護、保育、障害児の余暇活動、レスパイトサービスなどを会員制による相互扶助システム(住民参加型在宅福祉サービス)により提供
平成12年3月
「特定非営利活動法人在宅福祉サービスウイズ」として東京都より認証を受ける
平成12年4月
介護保険事業居宅介護支援事業、訪問介護事業に昭島市の基準該当として事業開始
平成15年4月
支援費制度知的障害者居宅介護事業、障害児居宅介護事業、身体障害者居宅介護事業開始
平成16年9月
創立10周年を迎え、フォレスト・イン昭和館にて記念式典を行う
平成17年5月
知的障害者移動支援従業者養成研修開講
平成18年4月
障害者自立支援法事業 知的・身体・精神・居宅介護事業開始
介護保険事業 「訪問介護・予防訪問介護」指定事業者開始
平成18年10月
障害者自立支援法「行動援護事業・重度訪問介護事業・移動支援事業」開始
平成22年5月
障害者自立支援法「相談支援事業」開始
平成23年7月
障害者自立支援法「共同生活介護事業」開始「ケアホームともにこ」
平成23年10月
障害者自立支援法「同行援護事業」開始
平成24年5月
障害者自立支援法「特定相談支援事業」開始
平成24年5月
障害者自立支援法「障害児相談支援事業」開始
平成25年4月
障害者自立支援法から障害者総合支援法に移行
平成26年4月
障害者総合支援法「共同生活介護」が「共同生活援助」に移行
平成26年11月
創立20周年を迎え、フォレスト・イン昭和館にて記念式典を行う
平成28年3月
昭島市社会福祉協議会「昭島ふれあいほっとサロン」に『ともにまる』として参入

私たちが大切にしている事

アクセス

特定非営利活動法人 
在宅福祉サービスウイズ
〒196-0004 
東京都昭島市緑町4-15-23
TEL:042-544-1782 
FAX:042-544-3878

ページの
トップへ